今日は午前中に、尾張旭市小中学校PTA連絡協議会の総会に出席しました。全国的には「PTA加入は任意」という流れが加速し、逆にPTA会費から用意していたものを実費負担としたのを「差別」「いじめ」だとする訳の分からない風潮が広がりつつあります。尾張旭市ではありがたいことに、役員のなり手不足はなかなか解消されないものの、そうした「PTAの存在そのもの」についての動きが広がっているという状況にはありません。この市P連の活動から、スマホ利用ルールやあさぴーファミリーデーの設定、子ども防災手帳の発行など、真に子どもたちのことを考え、また時代に合った事業が生まれています。市として取り組んでいる、主に環境整備のことについてもあいさつの中でお話させていただきましたが、今後も児童・生徒、学校、地域そして行政が連携して、皆んなに居場所と役割のある尾張旭市にしていきたいと思います。


夕方から、市役所南庁舎外側のところに、緑のカーテン用のネットを設置しました。今年度は何年か使用したネットから新しいネットに変わったので、張った様子もピンとしていてキレイでした。金曜日にはゴーヤの苗植えがありますが、公務があるため若手に委ねたいと思います。

IMG_4531


夜は中央公民館で講演会、でもその前に、ということで、文化会館で始まった工事の様子を覗いてきました。

⇒図書館前の植栽は根こそぎ撤去
IMG_4532

⇒毛受勝助も心なしか寂しげ
IMG_4533

たまたま近くにおられた、現場作業員詰め所を提供している知り合いの方に呼ばれたので、現場監督さんともごあいさつすることができました。期間中は駐車場の使用がかなり制限されます。現在も7月下旬までの予定で、半分以下の駐車台数となっています。その対策として、第2駐車場(84台)を常時開放しておりますので、こちらをご利用いただきますようお願いいたします。


ぐるっと回って中央公民館へ移動。1階のロビーで打ち合わせ中だった知り合いにバッタリとお会いし、ある案件についてお話している内にギリギリになって講演会場へ。中央公民館の裏から図書館の方へ移動する時に、場違い、というと怒られるかもしれませんが、ちょっとこの裏通りでは見ない、洗練された都会の女性といった感じの方が、図書館帰りの中高生と思しき集団に囲まれて歩いてきたのとすれ違ったのですが、それが今日のパネラーの一人だと知ったのは、開始前の講師との名刺交換の時でした…。

今日のセミナーは、起業家支援などを行っている「WAVY」さん主催による「ふるさと起業カンファレンス」で、龍馬プロジェクトが共催して開催されたものです。尾張旭市で起業?というとピンと来ない人のほうが多いと思いますが、私もその口で、就任以来あまり手を入れられていないと感じている分野に「起業」や「創業」があり、せっかくの機会なので参加費を払って出席させていただきました。

IMG_4540

WAVY代表の代表取締役社長である伊藤健太さんによる基調講演、その後のパネルディスカッションともに、参加者のいろいろな感性を刺激するものでした。基本的には商売の話でしたが、職員に聴いてもらっても面白かったかな、と思いました。しかし、お客様の満足のために商品・サービスを提供することと、そもそも顧客を選ぶことが難しい行政・政治の世界は違う面もあるなぁ、と思いながら聞いていました。まあ、それが当たり前なんですけどね。

IMG_4534

IMG_4535

せっかく参加費払ったんだし、全部書いちゃうのも何なので(笑)、エッセンスだけ書いておきます。

まずもって、これは「セミナー」ではなくて「カンファレンス」なので、

これをやれば起業できる

という系の話は「全く」ありませんでした。まさに市が実施している登記の仕方がどうだとか、SNSでの発信の話がどうだとか、どういうところにビジネスチャンスがあるだとか、そんな話は一切ありませんでした。伊藤さんも、1時間話しを聞いて起業して成功できるほど甘いものではない、と断言しておられました。その点はとても良かったと思います。だから、自己啓発とまではいかないにしても、起業するに向けての心構えと言うか、出発点と言うか、そんな話でした。気になったキーワードを。

・ほとんどの会社は失敗し、ほとんどの商品・サービスは売れない
・会社・事業の目的はお客様を喜ばせること
・日本人は均質・同質化に支配されている
・人は自分のために楽をし、固定化する
・正しい答えを出すことよりも、適切な問を立てることができるかどうか
・起業家、リーダーは新しい価値を生み出す人

そして、HOW(どのように)やWHAT(何を)という発想よりも

WHY(なぜ)

が大事である、ということで締めくくられました。自分は何のために起業するのか、それを通して社会のどんなことに寄与したいのか、という感じでしょうか。このあたりは、公務員や政治家にも共通する考え方だと思います。講演の中で紹介されていた動画を貼り付けておきます。



講演の中で「ルーキースマート」という書籍が紹介されていました。常にフレッシュな視点、考え方が必要、というような内容なのだと思いますが、私もそれが無くなった時が引き際だろうなあ、と常々思っています。

カンファレンス終了後の懇親会では、まさに異業種交流、いろいろな方とお話することができました。その中で、政治はお客様の満足を追求しつつも、その先にある社会への影響も考えなければならない、というようなこともお話させていただきました。昔、「啓発と啓蒙は違う」と議員(私ではない)の発言に対して議会に苦情を入れた人がありましたが、ここはまさに「啓蒙」の部分なんだと思います。個々人の満足度だけ追求していては、全体の考え方が偏ってしまい、ともすれば国が滅びかねませんから。そういう意味では、教育の果たす役割、というのも似たようなところがあるのだと思います。

IMG_4537


楽しい時間はあっという間で、気付いたらお開きになっていました。たまたま近所の方で、おっちゃんの会で一緒の方も参加されていましたので、一緒にタクシーで帰ろうかとも思ったのですが、ちょうど目の前で行ってしまったので、男二人でいろいろな話をしながら歩いて帰りました。家に帰ったのが日付が変わったくらいでしたが、ふと気付いたのは

まだ電車あったじゃん…

なぜタクシーがいなければ歩こうと思ったのか、今さらながらに不思議です。まあ、いろいろな話ができたから良かったんですけど。(笑)


<市長公務2237日目>
10時~ 尾張旭市小中学校PTA連絡協議会総会<あいさつ>
13時30分~ 打ち合わせ