元市長の、わたいう

愛知県尾張旭市の水野義則です。市議会議員を4期13年、市長を2期6年9ヶ月務めさせていただきました。地方自治、政治に携わらせていただいておよそ20年、現職でなくなった今だからこそ発信できることがあると思います。「私が言う」ことで、多くの人が何かを考え、何かを感じていただければと思い、引き続き発信していきたいと思います。

財政再建への提案

今や、日本の借金は増え続け、800兆円を軽く超えて900兆円に近付いています。もはや天文学的数字で、とても返せるとは普通の感覚では思えない金額です。

こうなった要因はいろいろあると思いますが、何と言っても不況で税収が伸びないことと、少子高齢化が進み税負担でのサービスが肥大化していることだと思います。もちろん、そこには社会構造的な問題がありますが、ここは国民皆が発想を転換する必要があると思います。今のままでは、破たんは目に見えています。

新政権になって、新首相が増税派だということで、そこに非難が集まっています。曰く、こんな不況の中で増税したら、ますます消費意欲が低下し、経済が低迷する、ということです。それも一理あります。しかし、

じゃあ、どうするの?

となった時に、明確に答えている批評家(あえて評論家とは言わない)を見たことがありません。

まあ、国債発行するしかないわな

そんな程度のことなら誰でも言える訳で、しかも国債というのは将来への借金でありますから、いつかは返す必要のあるお金です。決して、無尽蔵に出てくるお金ではありません。こんなことを続けていれば、日本の国債の格付けは下がり続け、いつしか紙切れになることも考えられなくはありません。

そもそも、地方自治体には市債等の発行額にかなり制限をかけているのに、国の方は好き放題、ではおかしなことです。東日本大震災が苦境に拍車をかけたのは事実ですが、だからといって未来に責任を取らなくて良い訳ではありません。

私は財政分析のプロでもなんでもありませんし、財務省の超エリートの方々に敵う頭脳がある訳でもありませんが、決算書を隅々まで見ていて、ふと

こういうことはできないのかな?

と思ったことがあります。それは、

市債等の繰上償還を、条件付きで認めること

です。尾張旭市もそうですが、バブル期に高金利で借りた借金の元利償還が、重い負担になっています。一般の借金、例えば住宅ローンなんかですと、繰上償還して借り換え、などということは普通に行われています。当時より今の方が金利が低いですから、手数料払っても総負担は減る、という仕組みです。自治体の場合、借り換えとなるとまた大変ですので、元金+手数料程度での繰上償還を認めれば、長い目で見た自治体の負担は軽くなります。

尾張旭市の場合、今後ふくらむであろう介護保険や、まだまだ整備途中の下水道事業などは、今後も基金を積みながら借金をしながら、償還しながらやりくりしていかなければならないと思いますが、一方で水道事業などはかなり落ち着いた状況で、今後配水施設の建て替え等の大型事業が無ければ、それほど起債する必要がありません。現に、今残っている市債は平成7年度のものが最後とかなり古く、金利の高いものばかりで、3.2%~5.65%となっています。償還期間もあと7~16年とそこそこ残っていますが、これを、契約単位で繰上償還することができれば、10年くらいで考えたときの償還金の負担はかなり軽いものになります。

一方で、返してもらう側にしても、確かに長期で見れば利息の収入が無くなる訳ですので、メリットばかりとも言えませんが、現金での収入が入ってくれば、国債の発行を抑えることができますので、その点はメリットになると思います。今は復興事業でお金がいる時ですので、現金はありがたいはずですし、後先考えない国債の乱発よりは、将来の不安を小さくすることができます。

以前同じようなことが話題になった時は、総務省の考えは「将来支払うべき利息まで全て含むのなら償還させてあげる」というものでした。長く借りるから利息を払い続けるのであって、借りていない期間の利息を払わせるなんて、どんな悪徳高利貸しよりもひどい内容であります。せいぜい、違約金やペナルティ程度のはずです。

ということで実現性は低いのかもしれませんが、いつまでも「財政が厳しい、厳しい」などと言っていられないので、1つ案を出してみました。今日の委員会審査の中で、少し触れてみようかと思います。どんな答弁が返ってくるのでしょう。

今日から決算特別委員会です

今日から3日間、決算特別委員会が開催されます。昨年度1年間の税金の使い方を審査する、今後に向けても大変重要な委員会です。気を引き締めて臨みたいと思います。

決算審査資料ようやくまとまる

今日は、会派全員が会派室に集まり、決算審査での質問事項の最終ヒアリングとまとめをしました。9/7に丸1日かけて決算書全ページを読んで以降、かなりの時間と労力をこれに割いてきました。その間、決算関連書類の記載内容の不備等も見つけ、改善点等の指摘もしてきました。

ここまでやっても、決算書すら開かなくても、報酬は同じです。むしろ、今日などは総務委員会で出てきているメンバー以外は公務扱いではありませんので、何かあれば公務従事以外での事故となるケースです。定額の報酬は、手を抜こうとすればいくらでもできる仕組みです。だからこそ、頑張っていただいた報酬以上の仕事をするのか、どうせしないのだからと一番低いところに合わせていくのか、議員のスタンスが問われているのだと思います。いかに自分に厳しくできるか、が問われています。いかに生活がぎりぎり厳しい報酬額に下げるか、という議論は仕事をしていない自覚のある議員の皆様で実施していただきたい、そんなことも考えたこの1週間でした。水曜日から始まる決算審査では、うわべだけでない、練りに練った質問をしたいと思います。
アクセスカウンター

    最新コメント
    プロフィール

    mizunoyoshinori

    記事検索
    月別アーカイブ
    QRコード
    QRコード