ブログ版 水野義則Times

愛知県尾張旭市の水野義則です。市議会議員を4期13年務めさせていただき、平成24年3月25日から市長に就任いたしました。よろしくお願いします。

※ 本ブログは、水野義則オフィシャルなブログです。
※ 尾張旭市オフィシャルなブログではありません。

熱中症ゼロへ!

昨日(5/27)は、もう30度超えの地域も出てきて、気分はすっかり夏!という感じです。尾張旭市は今年度、日本気象協会が進めている「熱中症ゼロ」の活動の後援自治体となっており、様々な啓発活動を既に展開しています。市民の皆さんも、熱中症にならないように、こまめに水分を取ったり、クールシェアとして公共施設に足を運んだりして下さい。

logo


なお、日本気象協会のHPに、5/17に開催された尾張旭市民体育大会総合開会式での啓発活動の様子が写真付きで紹介されています。


「熱中症ゼロへ」プロジェクト 後援自治体との啓発活動を開始 ~啓発ポスターや、熱中症ランクボード等を配布~

もう夏?-今日のヨッシー(2015/05/26)

今日は朝から、とても暑い1日となりました。ニュースによると31℃を超えたとか。暦の上では確かに立夏を過ぎましたが、もうすっかり夏の様相ですね。

そんな中、今日は朝から尾張旭駅に行き、旭フラワーボランティアの皆さんの作業をお手伝いさせていただきました。もう10年もの間、尾張旭駅、旭前駅、印場駅、城山公園、新居町交差点などに花を植えて、通行される方の目を楽しませていただいています。今日は手違いでポーチュラカが届いておらず、ベゴニアを植えた後は一生懸命草取りもさせていただきました。

⇒私作
IMG_4384


今日は午前中に少し時間がありましたので、白鳳小学校3年生が市立図書館で学習しているところを覗かせていただきました。みんな、思い思いに検索したり貸出機を使用したりしながら、図書館の仕組みを覚えていたようでした。

⇒やはり機械に人だかり
IMG_4385

その後、文化会館に寄って、芸術展の絵画部門を見学してきました。

⇒水彩画と油彩画が混じっています
IMG_4387

IMG_4388


お昼休みには、市役所のロビーでぽけっとコンサートが開催されました。

⇒50人くらいの方にお越しいただきました
BlogPaint

出演者もそうですが、やはりこういう場に出てきて音楽を聞こう、という方は女性が中心になってしまいます。男性にももっと外に出ていただく、そんな仕掛けや仕組みが必要です。


午後からは、尾張東部衛生組合議会の臨時会に出席しました。


夕方近くになり、室内温度が28度を超えたということで、今年度初めて冷房が入りました。市長室は換気用の窓も1つしかないので空気が籠もるため、小さい扇風機で空気を撹拌しているくらいですので、実は廊下よりも数段暑いのですが、まさにいよいよ夏が来た感じがします。


夜はビーチボールの練習に参加しました。

⇒もうペットボトルのお茶1本では足りないくらい汗だくです
IMG_4396


<市長公務1158日目>
8時~ 旭フラワーボランティア苗植え替え<あいさつ>
10時15分~ 図書館見学
11時15分~ 芸術展Ⅰ見学
14時~ 尾張東部衛生組合議会臨時会

消防団応援事業所制度スタート-今日のヨッシー(2015/05/25)

今日は朝から幹部会を開催しました。この中で、以前から準備を進めていた消防団応援事業所制度がいよいよ6/1からスタートすることが報告されました。とりあえず、ポスター掲示から商品の割引まで、消防団員やその家族を含めて応援をしていただける事業所が

52事業所

でスタートできることになりました。ご協力いただきました事業所様にはこの場をお借りしまして感謝を申し上げます。これらの事業所様は、消防団を応援していただいている事業所様として、いろいろな機会にご報告をさせていただきたいと思います。制度スタート以降も、ご協力いただける事業所様は随時募集していき、頑張る人を応援する制度として定着させていきたいと思います。個人的には、消防団員以外の頑張っている方にも適用していきたい制度ではあります。母数が増えれば、事業所様にもメリットが増えますので。もちろん、持ち出しが増える分もありますが。

この他には、全国初の実証実験となる、AEDに関連したスマートフォンアプリの紹介などがありました。


午後から、尾張旭市長久手市衛生組合議会の臨時会に出席しました。正副議長と監査委員が選任されました。


市役所に戻り、盟友でもある稲沢市議会議員の野々部尚昭さんが面会に来てくれました。

⇒認知症対策などについて意見交換
IMG_4394

IMG_4393

最近、MCI(軽度認知機能障害)という単語もだいぶ認識されるようになってきました。国がオレンジプランを発表したこともあり、全国の自治体で認知症対策が取り入れられています。全国では「ファイブコグ」というテストのようなものを取り入れるところが増えてきているようです。その魅力は何と言っても「費用の安さ」とのことですが、その後の対応がとても大変だという話も伺いました。尾張旭市で全国の自治体で初めて導入した「あたまの元気まる」は、その決め手は「結果が数値で評価され、自身の変化に気付けること」「保健師がその結果をもとに、一人一人の健康指導に繋げられること」の2点でした。ここは価格よりも、その後の効果を重視した部分です。個人的には、認知症対策に用いるツールは正確性が保証されれば何でも良いと思っていますが、いくらシステムが安価でも、その後の職員の手間暇がかなり増えてしまっては本末転倒と言えます。しかしながら、この取り組みはまだ緒についたばかりで、その成果が「認知症予防の推進」という形で表に出てくるには、まだまだ5年~10年はかかることと思います。地道に「あたまの元気まる」の受検者を増やしながら、健康な市民の割合を増やしていく努力が継続的に必要です。


夕方は、守山旭工場事業所防犯協議会の懇親会に出席しました。


<市長公務1157日目>
8時40分~ 幹部会
14時~ 尾張旭市長久手市衛生組合議会臨時会
15時15分~ 面会
17時30分~ 守山旭工場事業所防犯協議会懇親会
アクセスカウンター

    最新コメント
    livedoor プロフィール
    記事検索
    月別アーカイブ
    QRコード
    QRコード